FC2ブログ

4年間放置していたブログを復活してみました

プロフィール 

ゆかすけ

  • Author:ゆかすけ
  • お絵かき大好きの看護師です
    2児の母もやっています!
    どうぞ宜しくお願い致します!

    好き勝手にいろいろ日常を語ったり、好きなアニメの絵をのせたりしたいと思います


    イラストにつきましては
    一応、無断転記禁止です。
    荒し目的のコメントは
    即、削除いたします。


お友達リンク 

このブログをリンクに追加する

最近のコメント 

最近の記事 

カテゴリー 

賢者の石!?(セリフ修正)

賢者の石の謎



遊びに行く前に医療アフォネタ絵を錬成w

2月の兄弟オンリーもこんなノリでギャグ系医療漫画が描けるといいな~!!!
(漫画のネタに取っておくつもりでしたが、
ブログ見ている方にはネタバレしちゃえ~♪)
もちろん下ネタギャグも描きたいです(笑)

尿管結石ってものすごく痛い!!(経験者は語る)
なんでも石関係の病気は「疼痛・激痛」がつきもの・・・
胆石発作も転げまわる痛みだそうです><

尿管結石患者は私の働く病棟が泌尿器科の混合病棟なので、
毎週のように入院してきます。
入院してくる患者は石が大きかったり、難しい位置にあったりなどで
手術適応の患者なのですが、
手術方法は色々あります。

対外衝撃派による結石粉砕術(ESWL)
対外から超音波を石に2500~3000発あてて砕く手術。

尿管から逆行性にカテーテルを挿入し、内視鏡で覗きながら石をつまみ
カンシでつまみ出したり、砕いて割ったり・・・・(TUL)

腎盂や尿管にできた結石でも中には砕くことのできない大きなものもあり
そういう結石にたいしては開腹して手術・・・
大雑把にいうとこの方法のいずれかが選ばれることが多いです。

地域によっては飲み水の関係もありますが
石のできやすい体質の方は水分を毎日たくさん飲むことをお勧めします。
ビール好きな人も適度にどーぞ(笑)

これから寒くなってくると、水分ってあまり取らなくなりますよね・・・
高齢の方、閉経した方は、脳梗塞に気をつける時期となります。

あれれ!!
もう、でかける時間となりました^^;)
少しはお勉強になったでしょうか?(中途半端ですが)

今日はこれから先輩2人と某所に待ち合わせをして
3人でランチ兼愚痴大会に行って参ります!!!
1ヶ月前から勤務表を合わせて休みを取ったので、
風邪でハナったらしですが遊んできます。

それぞれ、保育所や学童の迎えがあるため
タイムリミットは3時かな^^
スポンサーサイト



2007/11/27 10:05|仕事・医療関係CM:8
コメント
某さま>
コメントありがとうございました。
お返事が遅くなって申し訳ないです^^;)
風邪はよくなりました・・・・
ご心配おかけしました(*^_^*)

インフルエンザの予防接種の予約をしたのですね^^
関東では早くも流行しているようです><
某さまも寒い地域でのお仕事がんばってください。

ゆかすけ@管理人 #3ofygqbY|2007/12/02(日) 20:44 [ 編集 ]
こんばんは^^
某さま、かっちーさんコメントありがとうございました。
お返事でございますw



某さま>
「レス不要です」といわれると、レスしたくなりますわ(笑)
○月期待していますよ~w
こっそり参加できるといいな^^ 
フリーで何かしら描くか作ってみたいと思います。



かっちーさん>
賢者の石と結びつけちゃってください(笑)
体外に排出されれば、賢者の石同等の価値あり(?)

ちなみに賢者の石のように、不思議な力はございません(残念~!!)
ゆかすけ@管理人 #3ofygqbY|2007/11/30(金) 22:24 [ 編集 ]
笑いました~!
賢者の石って聞いたら、尿路結石って結びつきそう・・・
かっちー #-|2007/11/30(金) 09:15 [ 編集 ]
ギャーーーーー!!!
長々とコメントレスしたのに、保存されてない!!!!
そんな~(T_T)

というわけで、2度目のコメントレスです・・・・


MCさん>
爆笑してくださりありがとうございました。
セリフ・・・英語に訳せました?
ギャグが通じてうれしいですw ギャグに国境はありませんね~w

元のセリフ・・・苦笑
賢者の石の秘密が分かったときのシリアスシーンが台無しですね(^_^;)




まきちゃん>
石体質って遺伝するんですよ・・・><
私の父親は数十年前に腎結石でOPしています。
父の入院がきっかけで、実は看護師になったのですよ・・私・・(^^ゞ

石を溜めないためにも日ごろからジャンジャン水分を取りたい気もしますが
なかなか実際は飲めないものです(^_^;)
特に寒くなると水分摂取量が減りますものね・・・
ブログで偉そうに「水分を取りましょう」とか言っている私自身
取れたいないのが現状です(ダメじゃん)




Leeさん>
愚痴大会、楽しんできましたよヽ(^o^)丿
昼間からワインがおいしかったですw

お友達、大変でしたね><
倒れるほどの痛み、考えただけでも寒気がします(^_^;)
確かに救急車で依頼するほどの痛みがある方は、
顔が真っ青ですから・・・吐く方も多いです。

石はいろいろな形をしているので、尿管の中を傷つけながら移動・・・
2~3箇所尿管が狭い場所があるので、
そこを通過するときにはかなりの激痛らしいです・・・
突然痛み、周りの人もびっくりしますよね(^_^;)

ちなみに、当院では結石患者は
ウロ○ルンとコス○ノン併用で内服する患者が多いです^^




うりくらげさん>
医療ネタに反応くださりありがとうございます。
喜んでいただけて光栄です。
叔父様、大変でしたね><
七転八倒の痛み・・・分かりますよ(^_^;)
出産経験のない男性も思わず、「陣痛のような痛み」と表現するお気持ちも
よくわかります(笑)
尿管結石は「男性の出産」とも言われますからね^^

痛みに対しては女性の方が断然強いです!!(苦笑)
若い方には男女の差はあまり見られませんが、出産経験した方は特に
痛みに対して「強い」というのが救急外来での印象でした^^;)
痛みの他にも「出血」に強いのも女性だという気がします(苦笑)

ミニスカサンタの季節がやってきましたーーーーー(笑)
医療おまけの本読んでくださりありがとうございました。
今年は救急外来でないので、そういったお楽しみがないのが残念です。
また医療ネタ本でお会いできればいいなと思いますw


ゆかすけ@管理人 #3ofygqbY|2007/11/29(木) 18:03 [ 編集 ]
こんにちは、ゆかすけさん!
医療ネタ大好きです。(o^-^o)

叔父も結石になって、もう七転八倒の大騒ぎで入院。
泌尿器の先生(男性)に『陣痛よりも痛い』と言われたようです。
退院した後でそれに耐えたオレ偉いみたいに威張っていましたが
叔母たちには『産んだ事もないくせに』と鼻で笑われていました。

男性陣(除くエド)って痛みに弱いような気がしますが
現場ではいかがなのでしょうか?

昨年、ミニスカサンタが救急外来に!というお話を伺ったんですよね。
もうその季節ですね。
お忙しいと思いますが、どうぞお元気でいらして下さい。v-255
うりくらげ #HyFEkEHQ|2007/11/29(木) 10:08 [ 編集 ]
愚痴大会はどうでしたか?たまにはそんな日も、必要ですよ。
さて、私の大学時代の友人にいました。尿路結石。それも、金平糖みたいにとがった結晶だったらしいですよ。いろいろ薬飲んでいて、負担かかっていたみたいで、下校の際、なかなか降りてこない(うちの学校は山の上でした)ので「まさか、倒れてるんちゃうやろなー」って言っていたら、本当に倒れて、友達が付近の家のドアを叩いて救急車呼んでもらったってこともありました。いったいどんな大学生・・・。
かなりの激痛と共に、ある日突然出たそうです。
気をつけないと水分ってとらないで済ませてしまいますね。意識的に摂るようにしたいものですね。

お、我ながら締めが真面目だわ。
Lee #rhGELEd6|2007/11/28(水) 21:34 [ 編集 ]
すごい、痛そう…><
義父が石のできやすい体質らしく、どうも旦那も受け継いでます。時々「あ、やばい。石かな…いたい…かも…」飲め!水を飲めー!!…ってなやり取りを何回かしたことがあります。まだ医者に行った事はありませんが…
息子が体質を受け継いで無いといいな、と思ってます。
まきちゃん #cgf6TkE.|2007/11/28(水) 08:31 [ 編集 ]
爆笑しました!v-411
元の台詞が気になってます。(笑)
そして、キンブリが石を隠すには・・・v-40
MC #DaqWDIIE|2007/11/28(水) 00:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー 

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

AquariumClock 2 

カウンター♪ 

次回キリ番200000です。 キリ番踏んでください(笑) リクエストお待ちしております。

商品の検索はこちら 

テストにて貼り付けてみました

月別アーカイブ 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.